【アンドリー・シェフチェンコ】母国の指揮をとるウクライナの英雄。





ウクライナの矢と呼ばれ、ディナモ・キエフやACミランで活躍したアンドリー・シェフチェンコ。



2012年に引退後は、政治家やプロゴルファーへの転身を経て、2016年からウクライナ代表の指揮をとっている。





カウンターでのスピードとボックス内での落ち着き、当時の荒れたピッチをものともしないテクニックは、現代サッカーでも並ぶものがいない。



「名選手名監督に非ず」という格言もあるが、現代サッカーではジョゼップ・グアルディオラやディディエ・デシャンのように、クラブレベルでも代表レベルでも結果を残している名選手も多い。



ハリルジャパンとの親善試合では、ロシアワールドカップ出場をヨーロッパ予選で逃している事もあって、ビクトル・ツィガンコフやオレクサンドル・ジンチェンコといった若手が多く招集されていて、面白い試合が期待できそうだ。