【2018 FIFA ワールドカップ ロシア】日本代表登録メンバーを予想してみた





ガーナ戦は5バックになってた。



守備時はセカンドトップの本田と宇佐美も降りてきて 5-4-1 の感じ。



並びは違うけど、結果的には 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカと似たようなスタイルになりそう。



粘って守備をして、大迫が収めている間にセカンドトップの二人が駆け上がっていく感じ。



日本らしいスタイルってなんじゃらほい。





ボールが収まる本田と大迫は前の方で使いたいけど、ぶつかり合いでも戦える本田は外せないのでセカンドトップで使う。すると攻守に走り回って消耗してしまい本田は途中交代となり、誰と帰るかとなれば攻守に走り回れる岡崎となる。



ワンツーとかの連携で崩す香川よりも、一人でもっていける宇佐美や乾のほうが序列は上かも。宇佐美スタメンの交代出場で香川。乾の起用法は負けている場面でのサイドアタッカー。



センターハーフは山口と大島。その控えで井手口と柴崎になるけど、3バックだと柴崎の使い所が難しい。使うなら4バックに移行した後のサイドかトップ下。



5バックの両サイドは長友と酒井宏樹が本命になるけど、原口はウイングバックでもセカンドトップでも起用できるから便利。酒井高徳はサイドバックと3バックの両サイドでも使えるという構想。



長谷部のリベロ起用は理にかなっていると思う。ビルドアップの場面ではアンカーのポジションに上がって長谷部と大島が組み立てる形が良い。



長谷部がいてこそ成り立つ3バックなので、長谷部がいない場面では4バックが基本の陣形。吉田と槙野がいて、控えに昌子。遠藤は守備的なポジションならどこでもやれるスクランブル要因。



ゴールキーパーは場数を踏んでいる川島。





青山が離脱しているので、26人から3人が抜けることになる。



ということで植田、三竿、浅野がアウト。



合宿に呼ばれなかった久保もアウトだろう。



浅野のスピードは武器になるけど、屈強なディフェンダーを相手にすることを考えれば、武藤のほうが強い。武藤だってスピードのあるアタッカー。



勝ち逃げのパターンなら三竿の使い道もあるが、守備的な中盤を熱くするような流れにはならないだろう。



植田の対人守備は魅力的だが、まだ槙野を脅かすまでにはなれていない。



酒井宏樹の怪我は大丈夫なのだろうか。3バックなら後ろを気にせずに前に行けるので、酒井宏樹の強いクロスはゴールの期待ができる。



香川もコンディションが100%でないのであれば、スポンサーを気にせず外してほしい。押し込まれる場面が多いのなら個人で打開できる中島のほうが武器になる。



サプライズ招集もなさそうだな。





【GK】


川島 永嗣 (メス)


東口 順昭 (ガンバ大阪)


中村 航輔 (柏レイソル)



【DF】


長友 佑都 (ガラタサライ)


槙野 智章 (浦和レッズ)


吉田 麻也 (サウサンプトン)


酒井 宏樹 (マルセイユ)


酒井 高徳 (ハンブルガーSV)


昌子 源 (鹿島アントラーズ)


遠藤 航 (浦和レッズ)


植田 直通 (鹿島アントラーズ)



【MF】


長谷部 誠 (フランクフルト)


本田 圭佑 (パチューカ)


乾 貴士 (エイバル)


香川 真司 (ドルトムント)


山口 蛍 (セレッソ大阪)


原口 元気 (デュッセルドルフ)


宇佐美 貴史 (デュッセルドルフ)


柴崎 岳 (ヘタフェ)


大島 僚太 (川崎フロンターレ)


三竿 健斗 (鹿島アントラーズ)


井手口 陽介 (クルトゥラル・レオネサ)



【FW】


岡崎 慎司 (レスター)


大迫 勇也 (ブレーメン)


武藤 嘉紀 (マインツ)


浅野 拓磨 (シュツットガルト)



【リオネル・メッシ】徹底マークを逆手に取った囮になるプレーがスゴイ。
【ディオゴ・ジョッタ】アトレティコが手放したポルトガルの至宝がスゴイ。
【ブノワ・バジアシーレ】モナコで頭角を表した大型センターバックがスゴイ。
【ルーク・デ・ヨング】オランダでゴールを量産し続けるストライカーがスゴイ。
【パトリック・クトローネ】伸び悩むミランの大器。
【ハビ・マルティネス】過小評価されているスペインNo.2のピボーテがスゴイ。
【ナビル・フェキル】ビッグクラブが動向を注目するフランスのアタッカーがスゴイ。
【カイキ】17歳でマンチェスター・シティへ移籍した左利きのネイマールがスゴイ。
【ベルナルド・シウバ】マンチェスター・シティでプレーの幅を広げたレフティがスゴイ。
【エディンソン・カバーニ】ウルグアイの点取り屋がスゴイ。
【ケイタ・バルデ・ディアオ】モナコが獲得したドリブラーの切れ味がスゴイ。
【ベンハミン・ガレ】16歳でヨーロッパへ渡ったアタッカーがスゴイ。
【ヘオルヒー・ツィタイシュヴィリ】ウクライナの快速ドリブラーがスゴイ。
【ヤヤ・トゥーレ】アフリカ史上最強のセンターハーフがスゴイ。
【ピエール=エメリク・オーバメヤン】ドルトムントの快速フォワードがスゴイ。
【レオナルド・パヴォレッティ】遅咲きのヘディングマスターがスゴイ。
【カリム・ベンゼマ】スーパースターと共存できる点取り屋がスゴイ。
【ジョー・ウィロック】アーセナル生え抜きの未来のスター選手がスゴイ。
【ジョー・ゴメス】リヴァプールが期待する若きセンターバックがスゴイ。
【アダルベルト・ペニャランダ】リーガ・エスパニョーラのブレイク候補がスゴイ。
【ミケル・オヤルサバル】育成の名門ソシエダから出てきたアタッカーがスゴイ。
【ウィルフレッド・ディディ】レスターの掃除屋がスゴイ。
【アンドリュー・ロバートソン】休みなく働くリヴァプールの左サイドバックがスゴイ。
【モイーズ・キーン】2000年生まれの注目株がスゴイ。
【ジャン・ピエール】南米で猛威をふるうブラジルのポグバがスゴイ。
【ミッチェル・ファン・ベルヘン】オランダの小柄なウインガーがスゴイ。
【チアゴ・メンデス】リーグ・アンのベストイレブンに選ばれたリールのパサーがスゴイ。
【ルイス・ディアス】ポルトガルでゴールをしているコロンビアのウインガーがスゴイ。
【セルヒオ・ゴメス】バルセロナから流出した原石がスゴイ。
【アラン・サン=マクシマン】ニースのパワフルウインガーがスゴイ。
【アダマ・トラオレ】バルサ出身の超絶ドリブラーがスゴイ。
【ナビ・ケイタ】チャンスメイクもできる中盤のハードワーカーがスゴイ。
【フィル・ジョーンズ】ダイナミックなプレーで貢献するマンチェスター・ユナイテッドのディフェンダーがスゴイ。
【アントニー】ヨーロッパで力を示した21歳のアタッカーがスゴイ。
【マルコ・ヴェッラッティ】セリエBから飛び出したイタリア最高のパサーがスゴイ。
【ヴィクトル・ツィガンコフ】ウクライナのベイルがスゴイ。
【リヤド・マフレズ】メガクラブに移籍したアルジェリアの魔術師がスゴイ。
【パコ・アルカセル】出場時間あたりの得点率が神すぎてスゴイ。
【ロベルト・ガリアルディーニ】インテルで居場所を掴んだイタリアのポグバがスゴイ。
【フロリアン・ヴィルツ】レバークーゼンが見つけた2003年生まれの逸材がスゴイ。
【ヤン・フィーテ・アルプ】ブンデスリーガにデビューしたばかりの17歳がスゴイ。
【ジャンルイジ・ブッフォン】イタリア史上最高のゴールキーパーがスゴイ。
【キ=ヤナ・フーフェル】16歳でカップ戦に出場したサイドバックがスゴイ。
【ペドロ】ブラジル待望の大型ストライカーがスゴイ。
【ロベルト・フィルミーノ】リヴァプール史上最高の偽9番がスゴイ。
【エディン・ジェコ】ボスニア・ヘルツェゴヴィナのストライカーがスゴイ。
【ハーヴェイ・バーンズ】レンタル移籍を打ち切ってレスターに復帰した若手選手がスゴイ。
【ドミニク・ソランケ】ついにフル代表デビューしたU-20ワールドカップのMVPがスゴイ。
【ガブリエウ・ヴェロン】大ブレイクが期待できるブラジルの18歳がスゴイ。
【リース・ジェームズ】プレミアリーグ2番目の右サイドバックに名乗りを上げる20歳がスゴイ。
【ホルヘ・カラスカル】イタリアのレジェンドが絶賛したコロンビアのスター候補がスゴイ。
【サンドロ・トナーリ】イタリアの新たなるレジスタがスゴイ。
【ゴンサロ・マローニ】アルゼンチンのnewアイマールがスゴイ。
【チェ・アダムス】イングランド2部でゴールを量産したストライカーがスゴイ。
【クラウジーニョ】ヨーロッパ移籍が期待されているレッドブルの隠し玉がスゴイ。
【ジョアン・カンセロ】ユベントスが獲得したテクニック抜群のサイドバックがスゴイ。
【ダニ・オルモ】16歳でバルセロナからクロアチアに渡ったアタッカーがスゴイ。
【エムレ・モル】久しぶりにスタメン起用されたトルコのメッシがスゴイ。
【ペドロ・デ・ラ・ベガ】U-20ワールドカップに飛び級で出場しているドリブラーがスゴイ。
【アンドレ・シウヴァ】ポルトガルの若き至宝に対するイタリアのディフェンスがスゴイ。
【バウト・ベグホルスト】25歳でオランダ代表初招集のストライカーがスゴイ。
【エデルソン】最高精度のキックを繰り出すゴールキーパーがスゴイ。
【アンソニー・エランガ】プロデビューしたばかりのスウェーデンから来た19歳のアタッカーがスゴイ。
【ティアゴ・アルマダ】スラム街で育ったアルゼンチンの宝石がスゴイ。
【シメオン・ヌワンコ】最下位のクラブから得点ランキング入りするストライカーがスゴイ。
【ゴンサロ・ゲデス】バレンシアで躍動するポルトガルの逸材がスゴイ。
【ケヴィン・デ・ブライネ】ゼロトップでもサマになる稀代のパサーがスゴイ。
【ジョシュ・サージェント】アメリカのエリートプログラムが生み出した新たな神童がスゴイ。
【カスパー・シュマイケル】昇格チームをリーグ上位に定着させたレジェンド 2 世のゴールキーパーがスゴイ。
【ジョルジニオ・ワイナルドゥム】世界屈指のハードワーカーへと生まれ変わったオランダのベテランセンターハーフがスゴイ。
【ヤン=フィーテ・アルプ】ドイツの若きゴールマシーンがスゴイ。
【サミール・ハンダノヴィッチ】ACミランの反撃を阻止したインテルの守護神がスゴイ。
【アントニオ・カンドレーヴァ】ベテランとなったイタリア屈指のサイドアタッカーがスゴイ。
【マルティン・ウーデゴール】ステップアップしたノルウェーの神童がスゴイ。
【ケレチ・イヘアナチョ】レスターのスピードスターがスゴイ。
イタリアがワールドカップに行くにはファンタジーが足りなかった。
【ハメド・ジュニオール・トラオレ】19歳で定位置を獲得したミッドフィルダーがスゴイ。
【ムサ・デンベレ】世界でも有数の若手ストライカーがスゴイ。
【マリオ・バロテッリ】30 歳で居場所を無くしてセリエ B に拾われた現代の悪童がスゴイ。
【ステファン・デ・フライ】インテルがタダで獲得したセンターバックがスゴイ。
【ルーカス・トレイラ】ことごとくボールを奪い取るアーセナルの闘犬がスゴイ。
【アベル・ルイス】バルセロナが待ち望むカンテラの至宝がスゴイ。
【クリスティアーノ・ビラーギ】ついに出てきた遅咲きの左サイドバックがスゴイ。
【ブバカル・カマラ】19歳でスタメンを掴んだマルセイユの壁がスゴイ。
【フランコ・セルビ】ベンフィカの小さなチャンスメイカーがスゴイ。
【ダニーロ・ダンブロージオ】イタリアを代表するユーティリティープレイヤーがスゴイ。
【デレ・アリ】ロシアワールドカップのヒーロー候補がスゴイ。
【アグスティン・アルメンドラ】アルゼンチンの新たなリケルメ候補がスゴイ。
【チーロ・インモービレ】ラツィオで再ブレイクしたイタリアンストライカーがスゴイ。
【ケレム・デミルバイ】国内移籍で決着したドイツの司令塔がスゴイ。
【ライアン・フレイザー】ボーンマスの小兵アタッカーがスゴイ。
【エンゴロ・カンテ】まるでピッチに二人いるようなボールハンターがスゴイ。
【マルコス・ジョレンテ・モレノ】レアル・マドリードの若手アンカーが有望すぎてスゴイ。
【ヤクブ・ヤンクト】ビッグクラブが獲得に乗り出すチェコ代表のセンターハーフがスゴイ。
【ディオゴ・ゴンサルヴェス】ベンフィカのスキルフルなアタッカーがスゴイ。
【デイヴィッド・ブルックス】ウェールズの新たな司令塔がスゴイ。
【フェルナンジーニョ】屈指の頭脳派センターハーフがスゴイ。
【ウェストン・マッケニー】イタリア王者が獲得したアメリカ代表のセンターハーフがスゴイ。
top