【2018 FIFA ワールドカップ ロシア】日本代表登録メンバーを予想してみた





ガーナ戦は5バックになってた。



守備時はセカンドトップの本田と宇佐美も降りてきて 5-4-1 の感じ。



並びは違うけど、結果的には 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカと似たようなスタイルになりそう。



粘って守備をして、大迫が収めている間にセカンドトップの二人が駆け上がっていく感じ。



日本らしいスタイルってなんじゃらほい。





ボールが収まる本田と大迫は前の方で使いたいけど、ぶつかり合いでも戦える本田は外せないのでセカンドトップで使う。すると攻守に走り回って消耗してしまい本田は途中交代となり、誰と帰るかとなれば攻守に走り回れる岡崎となる。



ワンツーとかの連携で崩す香川よりも、一人でもっていける宇佐美や乾のほうが序列は上かも。宇佐美スタメンの交代出場で香川。乾の起用法は負けている場面でのサイドアタッカー。



センターハーフは山口と大島。その控えで井手口と柴崎になるけど、3バックだと柴崎の使い所が難しい。使うなら4バックに移行した後のサイドかトップ下。



5バックの両サイドは長友と酒井宏樹が本命になるけど、原口はウイングバックでもセカンドトップでも起用できるから便利。酒井高徳はサイドバックと3バックの両サイドでも使えるという構想。



長谷部のリベロ起用は理にかなっていると思う。ビルドアップの場面ではアンカーのポジションに上がって長谷部と大島が組み立てる形が良い。



長谷部がいてこそ成り立つ3バックなので、長谷部がいない場面では4バックが基本の陣形。吉田と槙野がいて、控えに昌子。遠藤は守備的なポジションならどこでもやれるスクランブル要因。



ゴールキーパーは場数を踏んでいる川島。





青山が離脱しているので、26人から3人が抜けることになる。



ということで植田、三竿、浅野がアウト。



合宿に呼ばれなかった久保もアウトだろう。



浅野のスピードは武器になるけど、屈強なディフェンダーを相手にすることを考えれば、武藤のほうが強い。武藤だってスピードのあるアタッカー。



勝ち逃げのパターンなら三竿の使い道もあるが、守備的な中盤を熱くするような流れにはならないだろう。



植田の対人守備は魅力的だが、まだ槙野を脅かすまでにはなれていない。



酒井宏樹の怪我は大丈夫なのだろうか。3バックなら後ろを気にせずに前に行けるので、酒井宏樹の強いクロスはゴールの期待ができる。



香川もコンディションが100%でないのであれば、スポンサーを気にせず外してほしい。押し込まれる場面が多いのなら個人で打開できる中島のほうが武器になる。



サプライズ招集もなさそうだな。





【GK】


川島 永嗣 (メス)


東口 順昭 (ガンバ大阪)


中村 航輔 (柏レイソル)



【DF】


長友 佑都 (ガラタサライ)


槙野 智章 (浦和レッズ)


吉田 麻也 (サウサンプトン)


酒井 宏樹 (マルセイユ)


酒井 高徳 (ハンブルガーSV)


昌子 源 (鹿島アントラーズ)


遠藤 航 (浦和レッズ)


植田 直通 (鹿島アントラーズ)



【MF】


長谷部 誠 (フランクフルト)


本田 圭佑 (パチューカ)


乾 貴士 (エイバル)


香川 真司 (ドルトムント)


山口 蛍 (セレッソ大阪)


原口 元気 (デュッセルドルフ)


宇佐美 貴史 (デュッセルドルフ)


柴崎 岳 (ヘタフェ)


大島 僚太 (川崎フロンターレ)


三竿 健斗 (鹿島アントラーズ)


井手口 陽介 (クルトゥラル・レオネサ)



【FW】


岡崎 慎司 (レスター)


大迫 勇也 (ブレーメン)


武藤 嘉紀 (マインツ)


浅野 拓磨 (シュツットガルト)



【ユネス・ベランダ】トルコリーグを連覇したガラタサライの司令塔がスゴイ。
【ハカン・チャルハノール】息を吹き返したACミランの10番がスゴイ。
【ヤン・オブラク】リーガ・エスパニョーラ最小失点のゴールキーパーがスゴイ。
【サルダル・アズムン】ロシアのビッグクラブでゴールを量産するイラン代表のストライカーがスゴイ。
【トニ・クロース】リーガ・エスパニョーラ最高のパサーがスゴイ。
【ハンネス・ヴォルフ】オーストリアの若き才能がスゴイ。
【ダヴィー・ゼルケ】新世代のジャーマンタワーがスゴイ。
【ネマニャ・ラドニッチ】セルビアのスピードスターがスゴイ。
【ヤニック・フェレイラ・カラスコ】中国からの帰還を望むミッドフィルダーがスゴイ。
【ヴァンサン・コジエッロ】ケルンに移籍したフランスのイニエスタがスゴイ。
【アルトゥール・カブラウ】スイスリーグのトップスコアラーがスゴイ。
【ジャンルカ・スカマッカ】アカデミーを転々としてきたイタリアのイブラヒモビッチがスゴイ。
【ジョナサン・デイビット】充実のデビューシーズンを過ごしたカナディアンストライカーがスゴイ。
【アレクサンダル・ミトロヴィッチ】ニューカッスルのパワーストライカーがスゴイ。
【ギャヴィン・バズヌ】サウサンプトンでフル出場を続ける若手ゴールキーパーがスゴイ。
【ダヴィド・ネレス】アヤックスでブレイク中のブラジルの逸材がスゴイ。
【シモーネ・ヴェルディ】ACミラン下部組織の最高傑作がスゴイ。
【ジェフェルソン・ソテルド】ベネズエラの小さな巨人がスゴイ。
【ルドヴィト・ライス】フローニンゲンのボール回収屋がスゴイ。
【オリヴァー・スキップ】2部リーグでプレーしているトッテナムの逸材がスゴイ。
【ベルナルド・シウバ】マンチェスター・シティでスタメン出場したポルトガルのテクニシャンがスゴイ。
【フィルジル・ファン・ダイク】強くて早くて賢い、世界最高のセンターバックがスゴイ。
【マウコム】プレミアが狙うブラジル人アタッカーがスゴイ。
【ザヴェル・シュラーガー】オーストリアの若手センターハーフがスゴイ。
【ハメド・ジュニオール・トラオレ】19歳で定位置を獲得したミッドフィルダーがスゴイ。
【ジョナタン・イコネ】メガクラブからはじき出された有望株がスゴイ。
【ローバト・スコウ】デンマークで得点王となったウインガーがスゴイ。
【アーロン・ワン=ビサカ】マンチェスター・ユナイテッドに欠かせない存在となった右サイドバックがスゴイ。
【リカルド・クアレスマ】魔法のようなアウトサイドがスゴイ。
【アデモラ・ルックマン】RBライプツィヒが獲得したキレッキレのウインガーがスゴイ。
【リチャーリソン】ヨーロッパ挑戦はビッグクラブより出場機会を確保。
【マヌエル・ロカテッリ】ACミランの将来を担うレジスタがスゴイ。
【レイス・ネルソン】今シーズン注目したいアーセナルの若手選手。
【メイソン・グリーンウッド】マンチェスター・ユナイテッドの神童がスゴイ。
【クチョ・エルナンデス】ゴールへの嗅覚が高いコロンビアの若き逸材がスゴイ。
【エセキエル・バルコ】U-20ワールドカップで決めたダイレクトボレーがスゴイ。
【チアゴ・アルカンタラ】スペインの魔法使いがスゴイ
【アドナン・ヤヌザイ】スペインに渡ったマンチェスター・ユナイテッドの神童がスゴイ。
【マイロン・ボアドゥ】完全復活が待たれるオランダの神童がスゴイ。
【ロベルト・レヴァンドフスキ】驚異的なペースで得点を量産する東欧のストライカーがスゴイ。
【ファビオ・ヴィエイラ】圧倒的なボールコントロールで魅せるアーセナルのスーパーサブがスゴイ。
【ユスフ・ポウルセン】デンマークの怪物ストライカーがスゴイ。
【ポール・ポグバ】デカくて上手くて早いフランス最高のボックストゥボックスがスゴイ。
【ペドロ・ポロ】突如現れたスペインのサイドバックがスゴイ。
【アントニー・マテウス】サンパウロの天才レフティがスゴイ。
【アンドリー・シェフチェンコ】母国の指揮をとるウクライナの英雄。
【マティアス・ペレグリーニ】19歳でアメリカに渡るアタッカーがスゴイ。
【セバスティアン・シマンスキ】ポーランド待望のチャンスメイカーがスゴイ。
【イゴール・スベルディア】バスク地方から出てきた新たなシャビ・アロンソがスゴイ。
【ジャン・ピエール】南米で猛威をふるうブラジルのポグバがスゴイ。
【ユーリ・ティーレマンス】レスターが大金を出したゲームメーカーがスゴイ。
【ヤンクバ・ミンテ】ニューカッスルからフェイエノールトにレンタル移籍中のウインガーがスゴイ。
【ジャンルカ・スカマッカ】イタリア待望の大型ストライカーがスゴイ。
【リシャルリソン】ブラジル代表でのブレイクが期待できるアタッカーがスゴイ。
【ロランド・マンドラゴラ】イタリアの大型センターハーフがスゴイ。
【ヤコブ・ブルーン・ラーセン】大ブレイクの兆しを見せたデンマークのヤングスターがスゴイ。
【ダニエル・ジェームズ】ビッグクラブへ移籍間近の21歳がスゴイ。
【ルーカス・ベリッシモ】サントス出身の大型センターバックがスゴイ。
【ドミニク・ショボスライ】ハンガリーの超逸材がスゴイ。
【ジェラール・デウロフェウ】ワトフォードで覚醒した元バルセロナのアタッカーがスゴイ。
【ウェズレイ・フォファナ】フランスから来た大型センターバックがスゴイ。
【ロメオ・ラヴィア】プレミアリーグでスタメンをつかんだ18歳がスゴイ。
【イリア・ザバルニー】ウクライナの大型センターバックがスゴイ。
【ハカン・チャルハノール】アンカーのポジションでも適性を見せるゲームメイカーがスゴイ。
【アンドレア・ピナモンティ】インテリスタ期待の大型ストライカーがスゴイ。
【ミルコ・アントヌッチ】インテル戦でベンチ入りした18歳が実はスゴイ。
【カルロス・ソレール】バレンシアの新たな才能がスゴイ。
【アントニオ・マリン】オファーが続々と届くクロアチアのネイマールがスゴイ。
【ヴィクトル・ウーゴ】飛び級で昇格してきたフラメンゴのミッドフィルダーがスゴイ。
【デイヴィッド・ブルックス】ウェールズの新たな司令塔がスゴイ。
【カイル・ウォーカー】進化したイングランドの新型サイドバックがスゴイ。
【アレン・ハリロヴィッチ】悩めるクロアチアの神童がACミランへ移籍。
【ネイマール】パリ・サンジェルマンへの移籍金は史上最高額。
【サミ・ケディラ】ドイツ屈指の肉体はミッドフィールダーがスゴイ。
【メイソン・マウント】アザールに代わるチェルシーのエース候補がスゴイ。
【ジャンルカ・フラボッタ】開幕スタメンに抜擢された左サイドバックがスゴイ。
【ディヴォック・オリジ】リヴァプールの豪華なバックアッパーがスゴイ。
【ルイス・ギリェルミ】スピードと判断力に優れたテクニカルなミッドフィルダーがスゴイ。
【ヒラリー・ゴング】フィテッセの超高速ウィンガーがスゴイ。
【エセキエル・パラシオス】ヨーロッパ移籍間近のセンターハーフがスゴイ。
【パトソン・ダカ】ビッグクラブが獲得を狙うレッドブル・ザルツブルクのスピードスターがスゴイ。
【ルーカス・パケタ】ACミランが補強したレフティーがスゴイ。
【カリム・ベンゼマ】スーパースターと共存できる点取り屋がスゴイ。
【マティアス・アレソ】ウルグアイの新たなストライカーがスゴイ。
【マルコス・ジョレンテ・モレノ】レアル・マドリードの若手アンカーが有望すぎてスゴイ。
【エムレ・ジャン】冬の移籍に向けて外堀を埋められた感がスゴイ。
【タミー・アブラハム】チェルシーからローンで獲得した若手ストライカーがスゴイ。
【ウィリアム・カルヴァーリョ】大ブレイクが待たれる大型ボランチがスゴイ。
【カスパー・ドルベリ】デンマークのズラタンがスゴイ。
【セサル・アスピリクエタ】ビッグクラブで伸びしろが開花した万能ディフェンダーがスゴイ。
【ジオヴァニ・ロ・チェルソ】アルゼンチンの若きファンタジスタがスゴイ。
【ガビゴル】ブラジルで輝きを取り戻したアタッカーがスゴイ。
【ダニエル・ポデンス】ポルトガルの小さなテクニシャンがスゴイ。
【アレックス・イウォビ】イングランド育ちのナイジェリア代表がスゴイ。
【アレハンドロ・ガルナチョ】世界への階段を登り始めた快速ウインガーがスゴイ。
【エデルソン】最高精度のキックを繰り出すゴールキーパーがスゴイ。
【パコ・アルカセル】出場時間あたりの得点率が神すぎてスゴイ。
【ヌーノ・タヴァレス】アーセナルが保有権を持つ大型左サイドバックがスゴイ。
【ヴィクトル・リンデロフ】冷静にディフェンスラインをカバーするスウェーデンのアイスマンがスゴイ。
top